ライバル不在の新型SUVレクサスNXの買取価格は?

レクサスNXは2014年7月29日から販売されたクロスオーバーSUVでハイブリッド車とターボの設定があります。グレード名はNX300hとNX200tに分かれていますが、エンジン排気量は2.5リッターハイブリッドが300h、2.0リッターターボエンジン搭載車が200tとなっています。ライバルとなる車は現時点ではないといってよく、日産やホンダが同クラスの高級SUVを海外で販売して日本に導入していないことから、今後も独自の存在でいる確率が高いと思われます。
買い取り価格はレクサスNXが登場してから3年足らずなため、すべての年式が新しいことと、先代タイプが存在しない新型車であることから、かなり高額の買い取りが期待できるケースがあり、走行距離が少なく、状態に大きな変化がなければハイブリッド車では400万円を超える高額の買い取りの例も見られます。買い取り価格のパーセンテージ的には新車価格の70%から60%後半あたりで、今後も時間が進むごとに下がっていき、当然上がることはないため売却のタイミングは早ければ高価買取という基本は新型車でも変わることはありません。一方レクサスNXのフルモデルチェンジはレクサスのモデルチェンジのタイミングが少なくとも6年以上かかること、SUVは一般的にモデルチェンジが遅いことなどを考えても2020年までは現行モデルもしくは現行モデルのマイナーチェンジ車が販売され続ける可能性が高く、それまでの買い取り価格や、新車の動向を見て売却タイミングを計るとよいでしょう。