ランドクルーザープラドを買取に出して分かった事

大の車好きな我が家では、何年かに一回車の買い替えと、それに伴う車の買取に出すイベントが生じます。最近の車の買取で印象深かったのは、2007年式のランドクルーザープラドの買取です。特に次のようなことが分かりました。

まず第一に、ランドクルーザープラドは、車の走行距離や年式、内外装の程度などの差はあれど、一定以上の買取価格が付き易い車だということです。私のランドクルーザープラドも、予想以上の価格で買取に出すことができ、値崩れしにくい車だということを改めて感じる機会になりました。

また、車の買取業者によって、査定額に差が生じることも今回よく分かったことのひとつになります。5社から見積もりを取ったのですが、約20万ほどの査定額の開きがあり、複数社からの見積もりを取ることは、満足のいく車の買取をするためには大切なポイントのひとつになるのだということが分かりました。

それから私の場合は、インターネットの口コミなどを参考に、ランドクルーザーなどSUVを多く扱っている買取業者に、査定することで、少しでも高く買取してもらえるように努めました。車の買取業者とひとくちに言っても、高く買い取る車種とそうではない車種があると感じました。

以上のような事を、今回のランドクルーザープラドの買取を通じてよく理解することができました。今後も車の買取をする機会があれば、今回の体験を有効に活かしていきたいと考えているところです。