日本を代表する高級セダン「マークx」の高価買取のコツ。マークXの中古車市場の動き。

その昔、「いつかはクラウン」という言葉がありました。日本が国中上げて、戦後の復興に力を注いでいたころのキャッチフレーズでした。それから何十年たち、車社会もすっかり変わってしまいました。昔は業務用の運搬車とセダンしかなかったのが、セダン、クーペ、スポーツカー、ワンボックス、SUV等と多岐にわたり、人々の視線の先が一つということは無くなってしまいました。そんな流れの中でも、トヨタマークXは、王道を進み、どまんなかを進む車であります。いわゆるサラリ-マンがそれなりに頑張って課長になって家買って、次は良い車ということでかつぎ出されるのが、実はマークXなのです。だから、欲しいと思っている人は、強烈に欲しいと思っています。人生の大事なクリアポイントに位置している車だからです。そんなマークXですから、人気は新車も高いし、中古車業界でも動きは活発です。ただマークXに限らず、モデルチェンジで顔が変わってしまうと、中古車の価格も連動して下がることがあります。マークXの場合、初代、二代目あたりは大きな変化がありませんでしたが、3代目、4代目あたりになると顔つきがしっかりと変わって来ていました。特にXの文字を強調したフロントフェースのシャープな印象は、非常に見るものを魅せる力があるほどです。そういう意味で、フルモデルチェンジした後のマークXを手放す場合は、早め早めに動くことが大切です。その車を買う人のことを考えると、現行モデルとあまり違わない方が良いからです。フルモデルチェンジ前のマークXの場合、ネットの買取査定一括サイトを利用するのが一番高値を引き出す方法でしょう。高値を出す店と一番安い店では10万円程度の金額差が出るはずです。