走行距離30000kmで、たったの10万円。

私が生まれて初めて買った車はトヨタのセルシオでした。一応中古で購入したのですが、ほぼ未使用に近く130万円くらいだったと思います。当時は私も実家の離島に住んでおり、車を使用する機会が少なく家から会社まで(といっても、5kmと離れていません)の通勤と休日にドライブ、といっても2時間もあれば一周してしまうような小さな離島ですから、他に行くところもなく車の距離数は3000km程度でした。それから4年は乗ったでしょうか、転職して本州の都市部に引っ越すことになり車も売却することになりました。その時の距離数は30000kmだったでしょうか、ところが島にはまともに中古車を買い取りしている会社がなく、船に乗せて本州の中古買い取り専門店で売却することにしました。ところが片道のフェリーの車の乗船代金が35000円ほどかかり、まあ何とか乗船させたんですが売却会社の情報も得ず、行き当たりばったりで島を出たもんですから、いざ本州のフェリーポートに着いて車をおろし無計画にとりあえず標識を頼りになんとか市街地まで到着しました。さて、フェリーが本州に着いたのが夕方の5時30分だったもんですから、なんとかその日のうちに売ろうと思い走っていたのですが、辺りもだんだん暗くなってきてようやくガリバーを見つけ査定してもらったんですが、車体に多少の傷はありましたが距離数が30000kmと今思えば好条件だったのに対して、買い取り金額は10万円でした。でも当時は田舎者だったので言い値の10万円で売却しました。今思えば足元見られたなぁとつくづく思います。