エクストレイルを買取に出す際に考えたこと

我が家では、過去にエクストレイルを買取に出した経験があります。そこから、いくつかの学びを得ることができたので、その一例を以下にまとめてみることにします。

はじめに強く感じたのは、買取する業者によって、その査定額に開きがあるということです。我が家の場合、3社に見積もりを依頼したのですが、約10万円ほど査定額に開きがありました。買取に出す側としては、少しでも高く評価して欲しいと思うものですから、複数社に見積もりを依頼することが大切になると感じました。

また、見積もりを依頼する業者を探すにあたっては、車の査定サイトなど、かなり簡単に一括見積もりを依頼できるツールがあるので、それらを適宜活用することも、効率良く車を買取に出すには必要なポイントになると考えられます。

もちろん、エクストレイルだけではなく、普段から車のメンテナンスをすることや、リセールバリューをある程度意識して車を購入すること、下取りと買取の比較検討をしてみることなど、それぞれが置かれている状況によって、検討すべきポイントが異なることについても、しっかりと理解しておくことが大切になると考えられます。

以上、私がエクストレイルを買取に出す際に考えたことを、いくつか挙げてきました。愛車を手放すことは、なかなか寂しいことでもありますが、自分たちが満足できるような買取にするためにも、十分な情報収集やそれをもとにした検討を重ねることが大切だと感じています。