妹が愛車のヴェゼルを買取に出した話を聞いて感じたこと

私の妹が新車を購入する際に、街乗りできて、走りもよくて、可愛らしい車が良いという、何とも我儘な希望を聞いて私が勧めて購入したのがヴェゼルでした。今回妹は他の車に乗り換えるため、ヴェゼルを早々と買取に出したのですが、結構買取価格も良かったみたいで、ニーズのある車なんだと改めて感じる機会になったようです。妹が愛車のヴェゼルを買取に出した話を聞いて私が特に感じたのは次の点です。

まず、買取業者によってその査定額はまちまちだという事です。言い換えれば、いくつかの買取業者から見積もりを取らないと、損をする可能性もあるということです。もちろん、1社目で最高の査定額が出る可能性もあるでしょうが、何社から見積もりを取った方が、より確実に一番高い査定額を知ることができるのではないかと感じています。妹の場合は3社への査定依頼でしたが、約10万円程、査定額に差があったと言っていました。

加えて、同じ車種でも人気の色やグレードがあるということも、改めて知る機会になりました。特にブラックやホワイトなど万人受けするような色の方が、車種を問わず、リセールバリューが良いような気がします。もちろん例外もありますから、これも見積もりの際などに、業者から色々と聞いてみると良いかもしれません。

以上のように妹が愛車のヴェゼルを買取に出した話を聞いて、色々なことを私なりに感じる結果となりました。車の買取はしっかりと見積もりを取るなど、必要な検討を重ねることが大切なのだと改めて感じるよい機会になりました。